バックナンバー

自動車に関する求人情報

自動車の資格が多いメリット

  • トップ /
  • 自動車の資格が多いメリット

持っていて損はない自動車の資格

自動車関係の求人はたくさんあり、それによって必要な資格が異なります。普通免許なら18歳以上になれば誰でも取ることができ、ほとんどはこの資格を所有しています。この資格を持っていれば、行動範囲も広がる上に仕事の求人としても必要なものです。得意先の営業やトラックなどの運送関係では最低限必要な資格であり、特に運送では運転する自動車の大きさや種類によって準中型免許・中型免許・大型免許、バスやタクシーなど人を乗せる求人の場合は第二種免許が必要になります。これは、最初から持っていればすぐに実践できるので求人としてはメリットがありますが、入社してから養成して取得するというところもあります。この場合、一部または全額が会社負担になる場合があり、持っていなくても負担が少なくて済むというメリットがあります。自動車関係の資格はいくつもあり、運転免許のほかに整備する整備士の免許もあれば、ガソリンなどの危険物を扱う危険物取扱主任者の資格もあり、業務する内容によってその資格が異なります。こういったものは、一定期間の実務経験から習得する方法と専門の学校や講習会などで習得する方法といくつかあり、持っていれば今使わなくても将来的に役に立つメリットがあります。免許の種類によっては定期的な更新が必要だったりしますが、中には更新が必要ないものもあるのでたくさん持っていても損することはないのもメリットのひとつです。

↑PAGE TOP